2018年03月25日

FANATIC TOUR 岡山CRAZY MAMA 2ND ROOM

image

(撮影:scスタッフ)
岡山来てくれた皆サンキュー!がっつりフルサイズやらしてもらったよ。
長時間の移動はぐったり来るけど、本番はスイッチ入れて汗だくで、やっぱ良いなライブは。
しんどい時に何かしらきっかけがあると気持ちが変わったりするよな。来てくれる皆んなもそうかも知れないけど、僕らもライブってのをきっかけにして身体と心のスイッチングをしてるんだなーと改めて思った。

image

image


ということで我々松江に移動中!
高速のサービスエリアにある案内地図にものすごいクセのある地名を発見したので記念に撮っといた。鬼の舌が震えるくらい怖い所なのか食うとビリビリする食物の名産地なのか、気になったので調べてみたら、

ワニが慕った→鬼の舌震

になったらしい。だいぶ強引だな。
ツアー中時間あればこういう所行きてーなー!
RYO

by SC at 13:25│Comments(2)clip!Voice 

この記事へのコメント

2. Posted by Makiko   2018年03月29日 22:23
最近地方のライブに行けてないけど、旅好きの私も島根はそういえば行った記憶がない…。舌震とかおろちとか気になる!今年は首都圏以外も行きたいナ
1. Posted by unforgiven   2018年03月26日 23:28
5 日本全国熱狂症警報発令!
CD発売日にそう叫びたくなるようなLIVEでした。
「FANATIC」の歌詞「夏は終わっちゃいない」どころの騒ぎではなく、真夏の熱中症ならぬそれよりはるかに強烈な「熱狂症」にヤられてしまいました。
新曲はもちろん、王道ナンバー+裏ベストともいえるまさかの選曲に…「あれやった、これやった」とセトリをぶちまけたい衝動を抑えるのに二日かかりました。
一言で言えば、「こりゃFINAL用にスペシャルチケット作って当然だ」と納得&感服のツアーです。
(RYOさん、新曲の中で最初にやった曲のイントロと間奏のドラム、極限絶頂的にかっこよく&気持ちいいです!元気スイッチ=バイタリティ・スイッチ入ります)

個人的には、今回も一生忘れない最高のLIVEになって、毎回スポーツの世界新記録達成の場にいるような不思議な感覚でもあるんですが…
それは、(生還後のブログ、40周年のDVDの冒頭の言葉や「FANATIC」の歌詞から勝手に想像してるんですが)HIKAGEさんが覚悟と決意をこめてステージに立ってくれ(メンバー・スタッフ皆さん全員が)一回一回のLIVEを大切にしてくれてるからで、毎回最高で当然であることを改めて実感し…
特に今回は、自分の人生への覚悟を決め直す特別な夜になりました。ありがとうございます∞


熱狂症:
症状には個人差がありますが、共通しているのは、SCの「FANATIC」のCDやLIVEツアーにハマり、死ぬまで生きることに情熱を持ち続けてしまう(ラッキーでワイルドな)不治の病であること。
一度このツアーに参加すると、全会場行きたくなり、自分がLIVEに行った翌日でさえその日行けないことがもどかしく悔しくてたまらなく感じる禁断症状に苦しむようになる。

その対処法:
熱狂症患者病棟と化すFANATICツアーのLIVEに一度でも多く行くか、CDを聴きまくって、SCに、自分の人生に熱狂しまくるしかない。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔