2017年09月30日

SC GIGへ来られるファンの皆さんへ

日頃はTHE STAR CLUBへのご支援ありがとうございます。
現在「PLUS MORE TOUR」もスタート、各会場で熱いライブを展開中ですが、昨今はダイブによる怪我等がパンクシーンに限らず増えています。7月に開催した渋谷でのSC 周年GIGでも、ダイブが原因で怪我をして病院へ救急搬送されたお客様がいました。(現在、怪我の状態は少しずつ快方に向かっているとの連絡を頂いています。怪我をされた方の回復を心よりお祈り申し上げます)。
ダイブはもはやライブに付きものの当たり前の行為となっていますが、常に危険が伴うものには違いありません。ダイブする人は自分だけではなく、他の人への危害等にも配慮して、くれぐれも事故が起きないようにお気をつけください。 ファンの皆さんと共に創り上げるライブの空間が、素晴らしくかけがえのないものになるように、よろしくお願い申し上げます。
 
 THE STAR CLUB一同


by SC at 01:06│Comments(7)clip!Information 

この記事へのコメント

7. Posted by Kazu   2017年10月04日 21:42
ケガした人が、快方に向かってるのは良いですけど、
その原因は何なんです?
ダイバーが自爆したのか、前に飛ばされた人が巻き込まれてケガしたのか?

ちょっとケガしたわ(笑)
な、レベルでは無いんだろうし
最低限の説明は欲しいんですけどね?m(__)m
6. Posted by ラッキーストライク   2017年10月01日 00:55
ステージ袖にセキュリティがいるライヴではダイブ禁止!いないライヴでもダイブするときは了解をとってリフトするなり肩口するなりしてほしいです。いきなり知らん奴に衿ぐり掴んで飛び上がる輩は邪魔。みんなそれぞれに汗水ながして働いた対価でチケット買って来てますから。皆が楽しめるライヴならモッシュもダイブも全然アリだと思いますし、演者もスタッフもそれを望んでいると思います。
5. Posted by ☆   2017年09月30日 20:26
80年代90年代は10代20代で身軽で運動神経も反射神経も良いダイバーが多かったですが、今やホント重くて勘弁。 アルコールに酔ってのダイブ、子供にさせてるのも見て恐ろしい。 お客とはいえステージに上がりこむ訳だから、人を傷付けるかもしれない責任、自分がケガするかもしれない責任、大げさかもしれないけど命に関わる責任、それ全部腹くくれなければダイブはすべきではないと個人的には思う。 ドンクサイし命の責任取れない自分はダイブしようとは思ったことすらない。 そしてライブ中のケガはお客だけの責任という訳ではなく、演者とイベンターには責任がないとは言えないけど。 最後になりましたがお怪我をおった方の1日でも早い、そして元通りのご回復を心からお祈りしております。
4. Posted by UA   2017年09月30日 14:26
5 俺はダイブしないから身を守ることに徹してる。やっぱりダイブがあったほうが良いけどもし、もしも怪我で済まされないような事が最悪起きたらLIVEは当面出来なくなるだろうしSCにも迷惑をかける。時代とは言いたくないが勤めてる会社でもコンプライアンスやらステークホルダーに対してやら面倒くさいが時代だと割り切ってるし。なにかあってからでは遅いのでマジに皆さん気を付けましょうね!!最大のリスク管理は事務所的には当然だよね。
3. Posted by まこちゃん   2017年09月30日 11:41
渋谷のGIGで病院に搬送された方の容態が、快方に向かっとって良かった。回復をお祈りします。 俺自身ダイブはしない方やけど、人がダイブをするのは嫌ではなく、むしろ雰囲気が好きな方なんで、ダイブが減るのはちょっと寂しい気がするけど、怪我人が出てしまったんやで気をつけやなアカンですね。
2. Posted by こだらぶあ   2017年09月30日 08:58
ダイブ禁止にすりゃいいんじゃないんですが!自分は下で観るほうですが、90年代誰かのダイブで飛んできたビザが頭部を直撃して未だに傷を背負って生きてます、後悔はしてませんが病院に運ばれる女の子とか見ると心が傷みます。ダイブ=SCじゃないはずですよ! 
1. Posted by 娘っこ   2017年09月30日 04:18
 その通りですね。SCに限らず、パンクのライブでは常に危険と隣り合わせ。今は前列に限っての話でしょうが、今回の様な原因はいくつかあると思います。
 あの時、その場に居合わせていました。本人とは、よくライブで顔を合わせる仲間です。いつも強気な人間があの時ばかりは違っていました。一日も早く復帰してくれることを祈ります。
 自分自身もダイブをする方です。そこには、暗黙の了解がありますね。昔、日影さんが雑誌のインタビューでのコメントを思い出します。『ライブが継続できるかできないかの、ギリギリのラインが好きなんだよ』と。それほどぐちゃぐちゃの混沌とした瞬間が、SCのライブ感なのかもしれません。当時は、最も危険で荒れるライブをするパンクバンドとしても紹介されたほどでしたね。時代は変わりましたが、その流れは今でも継続されていると思います。だからこそSCなんだ!と思うファンも多いと思います。くどいようですが、そこには暗黙の了解はありますね。ある意味バランスを保つのは、そこに立つファン俺たちの仕事です。賛否両論あると思いますが、そこはファンも一緒に考え、行動し、今後もSCを盛り上げられる様に一つになっていきましょう!
 もうこんな時間かぁ。マズイ💦今日もいわきへレッツらゴーだった💦起きれんのか??

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔