2006年12月

2006年12月31日

良いお年を

061231今年最後のライブ。とにかく熱かった!押し寄せるダイブの嵐は終始止まる事は無かった。
1年の締めくくりにふさわしい夜だったと思う。全国各地から集まってくれた皆、本当にありがとう。感謝してます。
今年1年を振り返ってみると、年明け早々レコーディングからのスタート。カバーアルバムと新譜の2作品を発表し、ライブの本数こそ少なめの年だったが、真夏の全国ツアーと11月の東名阪2daysなど内容的にはとても濃い年だったと思っている。しかし、自分自身まだまだ課題もあり反省すべき点も沢山ある。来春30周年に向けて、また忙しい日々になりそうだ。
今日は大晦日。今年もいよいよ終わりだな。全国のファンの皆、1年間ありがとう。そして来年もよろしく頼むぜ!
世界中の人々が、素晴らしい年を迎えられますように。良いお年を。
 by HIROSHI

by SC at 12:13|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!Voice 

2006年12月27日

オフィシャルサイト更新

オフィシャルサイトのGIG、CLIP/PHOTO他を更新しました。

25日に

061227大好きなジェームスブラウンが亡くなった。武道館で見た彼はパワフルでエネルギッシュのカタマリだった。あの感動はいつまでも忘れないし、今でもいい手本になっている。ご冥福をお祈りします。
 by MITOME

by SC at 07:37|PermalinkComments(1)TrackBack(0)clip!Voice 

2006年12月26日

親父

061226幼い頃、サンタクロースが枕元にプレゼントを置いていった。窓に吊しておいた靴下には入りきらない大きさだったんだろう、幼いながらもそう思った。
朝起きて包装を剥がし、欲しかったおもちゃを前に大喜び。だが一つだけ疑問がある。
何故そごうの包装紙なんだろう??
きっと、おもちゃを配り過ぎて足りなくなったんだ!
買い足して持ってきたんだ!
………………
数年経った今も未だ真相は謎のままである。
ところで、この映画知ってる?たまに観たくなる。観てちょ。
 BY RYO


by SC at 02:52|PermalinkComments(8)TrackBack(0)clip!Voice 

2006年12月25日

メリークリスマス

061225今日の昼間に見た風景。またまた、うまく撮れてないのが残念だが、雲の隙間から光が漏れている。この光の下には天使が降りているという話を聞いた事がある。
 by MITOME

by SC at 08:02|PermalinkComments(3)TrackBack(0)clip!Voice 

2006年12月24日

Merry Xmas!

061224深夜0時を回り、クリスマスイブ。明日は世界中の多くの人にとって、ハッピーニューイヤーよりも意味のある大切な夜だ。
20歳前後の頃はクリスマスなんて糞くらえとイキがっていた。宗教心もないのにキリストを祝う理由なんてない。まあ誰でも1度くらいはそんな思いを持った事があるだろうが......。
随分大昔の話だが、遊び気分で教会で洗礼?めいたものを受けた事がある。クリスチャンになろうなんて気は勿論さらさらなかった。100%好奇心だけ。そう思うと随分いい加減な行為だったと思うが、宗教とはどんなものか少し知っておきたかった。真冬に白い衣ひとつで小さなプールみたいなとこで水の中に浸かった。神聖だとかそんな感覚より、ひたすら凍えていた記憶しかない。
歴史を振り返れば、宗教はいつも人類の惨劇を創って来た。その時々の支配者がからみ、その利権に左右されて来た。宗教といえど、人間のやる事には結局私利私欲がうごめいている。
話が逸れた。クリスマスだ。実際のところ、大多数の日本人にとってはお伽話“サンタクロース”だけの完全な国民行事だ。クリスチャンであるなしなんて関係ない。良くも悪くも日本らしいが、もしこの日がなくなったら子供たちや恋人たちの多きな喜びがなくなってしまう!!まあ独り身の男をのぞけば、痛い出費を抑えられるのかも知れないが。
人生、何であれイベントは多い方が楽しくていい(そんな日に何故かスタッフから麻雀の誘いが来ている。予定のない俺も俺だが......)。厳かな気分の奴もそうじゃない奴も、取りあえずメリークリスマス!
 by HIKAGE


by SC at 01:23|PermalinkComments(4)TrackBack(0)clip!Voice 

2006年12月23日

送別会

061223クラブを貸し切り、友人の送別会をやった。同じベーシストの奴だ。いろんな事情があり、田舎に帰る事になった。
大好きなROCK'N'ROLLで朝まで踊り、そして酔い潰れた。でも奴は、決して夢を捨て諦めた訳じゃない。何時までもお互いROCKしような!
JOE STRUMMERだって、あの世で絶対ROCKしてるぜ!
1番好きなジャケットだな。
 by HIROSHI


by SC at 06:52|PermalinkComments(1)TrackBack(0)clip!Voice 

2006年12月18日

ノロウィルス

061218こいつは凄いらしいな!俺の周りでも何人かがバタバタと......。ぺーさんもパー子さんも、Newsになってたな。今のところメンバーは大丈夫そうだ。とにかく手洗いとうがいは大事だぞ。
いよいよ30日の選曲も決まった。今年最後のGIG!30周年へ向けてのGIG!いろんな意味で大事なライブになりそうだ。
今夜は冷える。選曲を見ながらとりあえずバーボンロック。
 by HIROSHI

by SC at 22:51|PermalinkComments(5)TrackBack(0)clip!Voice 

2006年12月17日

枯れ葉散る

061217飲み明かした朝、公園を歩いた。冬は寒いから、早く夏になれよ〜。と日々思っているけれども。
冬の景色は時にぐっとくるものがある。
特に好きなのが、夜中に降る雪と降り積もった朝一の公園だ。
雪国に生まれていないからこんな事を感じられるんだね。
 by RYO

by SC at 00:01|PermalinkComments(3)TrackBack(0)clip!Voice 

2006年12月16日

トークショー

061216トークショー、Finish。この手のイベントは今回でたぶん3回目。そう思うと少ない。慣れてないというより慣れない。やはり苦手。予想通り、ほとんど大貫さんに喋って貰った感じだ。
しかしクラッシュやジョーストラマーについて簡単に語るのは難しいものだ。学んだ事は他のどのバンドからよりも限りなく多い。メディアとかで叩かれた時でも、周りの連中がそっぽを向いた時でも、いつも変わり続けようとするクラッシュを支持して来た。彼らなしで今の自分自身やパンクは存在しないのは当たり前であって、その上で色々な思い入れが心の中にある。バンドマンとして最も尊敬する人は?と聞かれたなら、ジョーストラマーと答えるだろう。それでも1番好きなロッカーは?と聞かれたら、即答でシドビシャスと答える自分がいる。
つまるところ俺にとって、クラッシュはミーハーになっちゃいけないバンドであって、ピストルズはミーハーになるべきバンドだったとも言えるかも知れないな......。
 by HIKAGE

by SC at 08:34|PermalinkComments(7)TrackBack(0)clip!Voice 

2006年12月15日

今日は

061215忘れ物ばかりが続いた日だった。家に4回ほど戻るハメになった。
結局、もうひとつ忘れ物をしていた。
ミョーな1日だったな。
 by MITOME

by SC at 02:26|PermalinkComments(3)TrackBack(0)clip!Voice 

2006年12月14日

オフィシャルサイト更新

オフィシャルサイトのNEWS、GIG他を更新しました。

2006年12月12日

コリとり君

061212生命の活性エネルギー「ホマノ石」。肉体の疲労を回復させ、活性化させる100%天然素材の石だって。
コリ症な俺に、「半永久的に使えて効くらしいよ!」と、大澤マネージャーの薦めで二人で購入した。半信半疑だが値段も手頃だったので試してみる事にした。
ピップエレキバンみたいな物だ。
さて結果はお楽しみ. .....。
 by HIROSHI

by SC at 03:59|PermalinkComments(3)TrackBack(0)clip!Voice 

2006年12月07日

ずいぶん前に

1207_1無理して買ったギター。まだ高校生だった。あれからスタークラブに入るまで、ずっとオレのメインギターだった。未だに1番弾きやすいギターだ。
ちなみに、消えたパンクロックのバッキングでアームを使う所にはコイツを使った。
 by MITOME

by SC at 08:11|PermalinkComments(4)TrackBack(0)clip!Voice 

師走

1207気が付けば、だいぶ街はX'masムード一色になってきた。
皆はどんなX'masを過ごすのかな?
通りすがりにワンショット!省エネ省エネって言うけど、省エネって何だろう?
まっ、綺麗だからOK!......かな?
 by HIROSHI

by SC at 08:10|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!Voice 

2006年12月06日

5:12

061206スタジオ帰りはこいつがないと眠くなってしょうがない。機材車のオーディオCD聴けなくなっちまったから代わりに助手席に乗っけてるんだ。今日のジミヘンライブCDはミトメ氏からの借り物だ。
 by RYO

by SC at 06:07|PermalinkComments(1)TrackBack(0)clip!Voice 

2006年12月05日

ideology award

06120512月2日ー紅麗威甦復活イベントー満員御礼無事終了。
全開。わずか10曲30分足らずの急行列車ライブだったけれど、イベント仕切りというのもあり、さらには朝までの打ち上げで、久々に翌日はダウン状態。二日酔いでこめかみを押さえつつも、紅麗威甦のメンバーも満足してた様子でグッド。またプライベートの友人と一緒にステージに立つ事はそれほどある事じゃないので、色々な意味で新鮮で楽しめた。来てくれた連中サンキュー!!
次は30日。今年最後の新宿ロフト・ライブ。その前に個人的にはトーク・ショーがある。15日。まだ俺は観ていないが、ヒロシ絶賛の"JOE MOVIE"。必見らしいからな!!
 by HIKAGE

by SC at 06:47|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!Voice 

2006年12月01日

祝!!

061201演奏前からやや酸欠気味な名古屋のイベントだった。楽屋裏は20年振りに見るような顔であふれていた。ライブ・ラストの1曲にはその日トークショーで出た美濃輪を呼び込んだ。当日入りの日帰りライブ。ハードながらあっという間の1日だった。そして気がつけばもう明日、「ideology award」。
始まりは哲太からの電話。随分前になる。今年前半だったか。紅麗威甦再結成するので1曲書いてくれないかと。パンクな奴で良いなら。次は1発目のライブをうちのスケジュールのどこかに入れてくれないかと。決まっていたスケジュールの中では折り合いがつかず、結局は紅麗威甦再結成のイベントを急遽企画する事に。日程に余裕のない中、MILK、ASIAと会場押さえも二転三転。最終的にチェルシーホテルに。当初やや不安に思った動員も、ここ数日は逆に招待客を断る事で頭を痛める。後の心配はー今時のロックシーンを全く知らない世代の紅麗威甦ファンが、ダイビングとかで怪我しなければーと。まあ、そんなのは自分のライブが始まってしまえば、どこかへ吹き飛んでしまうんだが。
とりあえず明日。酸欠間違いなしで祝!!紅麗威甦復活。
 by HIKAGE

by SC at 06:53|PermalinkComments(3)TrackBack(0)clip!Voice 

VIVA JOE STRUMMER

061130VIVA JOE STRUMMERを見に行って来た。約60分と短い時間だが、内容は濃かった。途中トイレに行きたくなったが、そこは我慢!我慢!
一瞬たりとも目が離せない。最後のミックとの共演シーン。つい身を乗り出してガン見だったよ。必見だと思うよ!
ちなみに12月15日は、上映前にHIKAGE氏のトークショーがある。
 by HIROSHI

by SC at 04:00|PermalinkComments(1)TrackBack(0)clip!Voice